万が一の時、役に立つ応急処置方法の紹介。

        

トップページ

応急処置とは

事故や転倒などで負傷し、出血者骨折をした場合に行なう一時的な医療行為のことを応急処置と呼び、一般には救急隊員が行なう行為と定義されています。
しかし、実際には救急隊員がけが人のいる現場に駆けつけるまでに時間がかかり、一般の人がその場で簡単な止血法や心肺蘇生法を行なう必要が出てくることも事実であり、そうした行為も広義で応急処置とされます。

怪我や病気を治療する為では無く、医師や病院に診せるまでの間症状を悪化させないための緊急処置であり、呼吸停止や心臓停止など深刻な事態では、いかに迅速に応急処置が行えるかでいのちが助かるかどうかを左右することになるでしょう。
重度の要救助者を前にして一般の素人はどうしても下手に手を出さないようにした方が良いと考えがちですが、尊い命を守るため、緊急事態に自分から応急処置に動けるよう、強い心構えと必要な応急手当の知識を身につけておくことが求められます。
応急処置も高度なものとなるとAEDなど医療機器を扱うことが求められるため、使用法など正しい知識が必要です。

人の命を救う応急処置の知識を紹介

応急処置とは、怪我や病気で倒れた人を病院に運ばれるか、救急車が駆けつけるまでの間に症状の悪化を防ぐために行なう一時的な処置のことです。
呼吸が止まっていたり心臓が停止している状態は、ほんのわずかな時間で脳に不可逆な障害を及ぼし、いのちの危険が刻一刻と増大していきます。

このような状態において、心肺蘇生法などの応急処置を周囲の人が積極的に行なう事が求められるのです。
もちろん、救命目的とは言えただやみくもに応急処置を行なって良いわけではありません。
人の命を救うためには、その時必要な処置を適切に行なわなければならないのです。

また、医学方面でも研究が進み、応急処置に対するマニュアルやガイドラインも頻繁に変更されています。
心肺蘇生法にマウストゥマウスの人工呼吸が省略されたなど、大きな変更点など知っているかどうかで緊急時の対処に大きな差が生まれるでしょう。
必要なときに応急処置の正しい知識を持っていることが人の命を左右するのです。
このサイトでは様々な応急処置の正しい知識を紹介いたします。